--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原町のジュリー その1

2011年03月08日 00:35

河原町のジュリー

DSC04034_R[1] 〈四条大橋〉


“京都の奇人”・・・退屈で面白みもない現代にとっては、何とも懐かしく、いい響きです。


かつて京都には多くの愛すべき奇人がいました。その中でも特に有名な人物としては・・・、


堀宗凡(ほり・そうぼん、1914年―1997年)
裏千家十四世・淡々斎に師事した茶道家。しかし60歳前に突然、裏千家を離れ、下鴨の自宅「玄路庵」で独自の茶事、たとえば民族衣装で点前を行うなどの新境地を開きます。そしてなによりも衆目の的となったのは、女装などの非凡ないでたちで、下鴨の自宅から四条までの河原町通りを散歩する姿でした。「京都を代表する奇人、風流人」として今も知る人は多いはずです。


土井虎賀寿(どい・とらかず、1902年―1971年)
“土井虎”の愛称で親しまれた京都学派の哲学者。「異端児」「奇人哲学者」とも呼ばれ、三高や京大で教鞭を執り、小説家の田宮虎彦や野間宏、ノーベル賞受賞者の江崎玲於奈らは土井の教え子でもあります。三高時代から晩年に勤めた獨協大学まで一貫してその授業内容は特異で、奇行の様子は小説家で教え子の青山光二が記した『われらが風狂の師』に描かれています。


甲斐庄楠音(かいのしょう・ただおと、1894年―1978年)
最近は、岩井志麻子の小説『ぼっけえ、きょうてえ』の表紙にこの人の絵が使われ、その異様さから再評価もされているようですが、画家としてだけでなく、溝口健二映画での風俗考証を担当した人物として有名。その才は、映画『雨月物語』で米アカデミー賞の衣裳デザイン賞にもノミネートされるほどでした。ホモセクシュアルでナルシストで、自らの女装した写真をモチーフに絵を描くなど、自己陶酔の芸術家でもあったのです。


まあ、上記の有名人に限らず、古今を通してこの狭い京都の町で乱痴気騒ぎを繰り返す学生も、
京都の数々の大学で学問に没頭しすぎて頭の中の風通しが悪くなってしまった学者センセイも、
隣近所の眼を気にする必要のないこの町でモラトリアムを満喫しゲージツに没頭する夢想家も、
大なり小なり、奇人の素地を持っていて、そもそもそんな人たちを(自分たちのテリトリーを侵さない限りは)寛容に受け止める風潮がこの町の人々には昔からあったのかもしれません。そして、その中には少なからず“奇人”という人々の生き方への羨望の眼差しだってあったことでしょう。

堀宗凡、土井虎賀寿、甲斐庄楠音ら、その他もろもろの奇人については、また追々機会がある時にでも詳しく紹介するとして・・・。


さて、これら“奇人”とは少し性質の違う“奇人”として忘れてはならない人物が、かつて京都にはいました。

むしろ、まわりの人々から不本意にも“奇人”として仕立てられ、そして京都人から愛された“奇人”が・・・そう、かの有名な「河原町のジュリー」です。

「河原町のジュリー」は1970年代から80年代中頃にかけて、京都の繁華街・河原町通りを徘徊していた浮浪者です。

今でこそ、浮浪者の姿はどの町にあっても珍しくありませんが、30年以上も前の、しかも京都一の繁華街にたびたび出現したこの浮浪者は、一種異様の風体と知性すら感じさせる寡黙で虚ろな歩き方から、何をどう間違えたのか、当時一世を風靡していた京都出身の歌手・沢田研二の愛称そのままに、「河原町のジュリー」と名付けられたのです。

しかし、どうして現在のように口コミのツールも発達していない時代に、誰からも同じ愛称で呼ばれていたのかは、今をもって最大の謎!です。そして、誰がつけたか、この絶妙のネーミングセンス!!


たとえば現在の京都でも、(最近は見かけなくなりましたが)三条大橋の毛布にくるまった物乞いの老婆や、四条大橋で幟を立てた托鉢僧侶など、眼につく“定番の人物”はいるものの、当時の「河原町のジュリー」のように小学生に囃されたり、その人物について語られるほどの“奇人”は出てきていません。そういう意味では、「河原町のジュリー」は本家・沢田研二に負けないくらいの本当のスターでもありました。

DSC00945_R[1]
〈最近見かけませんが、三条大橋にいたあの老婆は元気なのでしょうか。賽銭を毛布の中に引き込む時の、その素早さといったら・・・〉

DSC04023_R[1]
〈幟を立てた托鉢僧侶。もはや、四条大橋と一体化した光景でありますが、この人の存在も長いものです・・・(数十年前から同じ人物ですよね?)〉



スポンサーサイト

河原町のジュリー その2

2011年03月08日 00:41

当時の京都で、「河原町のジュリー」が町のマスコットのように親しまれていたことは、彼がマンガの題材や音楽に歌われたことからもわかります。

彼が取り上げられた作品を紹介してみましょう。どれほど、この人物が、当時の京都にとって、なくてはならない人だったかがわかる・・・わけではありませんが・・・懐かしい時代が思い起こされます。


以前も紹介しました京都出身のマンガ家・グレゴリ青山さんの『ナマの京都』(2004年、メディアファクトリー刊)では、ゆるキャラの元祖「未来くん」とともに登場し、“京のまぼろしびと”として紹介されています。

20110307211526ca3[1] 〈グレゴリ青山『ナマの京都』より〉


また、こちらも以前に紹介しましたが、1980年代中頃に活躍した京都を代表するバンド“ローザ・ルクセンブルグ”が彼を歌った曲は「だけどジュリー」でしたね。以下に「河原町のジュリー」の風貌が思い出される歌詞の一部を再度紹介しておきましょう。
「あっちのベンチでごろり こっちのベンチでごろり うぉうお
 子供が石ころ投げる 野良犬吠える逃げる ジュリー
 だけどジュリー だいじょうぶ だからジュリー 笑ってね」  
「毎日街をふらり はだしのままでふらり うぉうお
 ぼーぼーヒゲは伸び放題 ラスタヘアーがよく似合う ジュリー」
「ヘビメタのやつより ジュリーの髪長い
 サーファーのやつより ジュリーの顔まっくろ」
「やっぱりベンチでごろり 楽しいユメ見てごろり うぉうお
 めさんこ寒い冬のころ 街から姿を消した ジュリー」


そして、いくつもの叙情的な“ガロ的”マンガを描いている、うらたじゅんさんも彼を題材に書いています。タイトルはそのものズバリ「河原町のジュリー」(2007年、北冬書房刊『幻燈7』所収)です。

2011030721152609b[1]
〈うらたじゅん「河原町のジュリー」より 北冬書房刊『幻燈7』所収〉

といっても、ジュリーが主人公の物語ではありません。どこか時代に馴染めず、生き方を模索しているような主人公の女の子が、鴨川の橋の下で分厚い本を読み、道ばたで“しけもく”を拾い、河原町通りで佇むジュリーを気にかけているというセンチメンタルな物語なのです。このマンガの中で彼は、窮屈になりつつあった時代の中でドロップアウトした側の生き方の象徴として重要な役割を担っています。



さて、さて、「河原町のジュリー」の風貌をマンガや音楽で紹介しましたが、彼に対してひとつ多大な誤解がありました。

それは、「河原町のジュリー」は、若くて身なりを綺麗にすれば、沢田研二ばりの今でいうイケメンだと思っていたことです。少なくとも30代、40代の若い浮浪者だとなぜかずっと勘違いしていました。

下にあるのは、彼の死を扱った1984年2月22日付の「過去語らず京の奇人逝く」と題された「京都新聞」夕刊の記事(コラム)です。

20110307211525bf9[1] 〈『京都新聞』1984年2月22日付夕刊〉

意外な情報が“わんさか”載っておりました・・・。

「河原町のジュリー」は1984年2月5日の朝、円山公園の倉庫の下で凍死します。66歳でした。そう、もうかなりのオッチャン、いえ、そこそこのオジイチャンだったのです。
記事には容姿についても詳しく載っています。
黒の背広のボロ着に破れたズボン、素足に長髪の姿は、確かにきれいではないが、猫背に腕を組み、スリ足でチョコチョコと歩く格好に、どこか愛きょうがあった。
どうやら、ねぐらは三条通りのアーケードの下だったらしく、寺町から四条、河原町、三条と一日かけて歩くことが日課だったようです。

DSC00937_R[1] 〈三条河原町〉

そして、遺体を引き取る親類がいたことも意外でした。ジュリーは戦争から復員し、二年間は結婚生活の経験もあり、四国の実家で親の商売を継いでいたようですが、亡くなる26年前にその四国の実家を飛び出し、それ以来、音信不通となっていたのだとか。


「河原町のジュリー」に関する噂話で、もう一つ当時の人々の口に上がっていたのは、「実は実家は大そうな金持ちで、世をはかなんで浮浪者に身をやつした」だの、「大金持ちが酔狂で浮浪者の格好をして人々の反応を楽しみ、夜は大豪邸に帰っていく」との、金持ち伝説がありました。
ただ、これらの噂はおそらく、当時、同じように河原町を闊歩したもう一人の“京都の奇人”堀宗凡が、料亭を営む裕福な家庭の出自であったことから、混同されていたのでは、とも推察できるのです。



奇人が町に出現するのか、町が奇人を生み出すのか・・・。どちらにせよ、今の京都には奇人を生み出す粋な余裕すらないように思えますネ・・・。



茶人 堀宗凡 その1

2011年06月12日 01:40

茶人 堀宗凡


茶人にして花守、その人の名は、堀宗凡(1914―1997)。
この人も京都が誇る奇人の一人ですが、奇人は奇人でも・・・大いなる数奇人(すきびと)ですね。

どうしてこの人が奇人と称されるのかといえば・・・、
堀宗凡の自宅兼茶室「玄路庵」は下鴨にありました。庭には六百種類もの草花が彩る広大な邸宅だったようです。
そして、その自宅から河原町通りを通って、京都でも人通りの最も多い四条までの道のりが彼の日課の散歩コースでした。
その散歩の際の奇抜なファッションが行き交う人の目に奇異に映っていたのです。
時には女装をしたり、ドレスをまとっていたりして・・・(笑)。
といってもこの人、男色ではありません。むしろ今の若者がファッションでスカートをはくように、時代に先立って二十年、三十年以上も前から、まわりに流されない非凡な美意識を持った御仁だったのです。

堀宗凡_0002 (2)
〈写真は『茶花遊心』(1987年、マフィア・コーポレーション刊)より〉

堀宗凡は、本名・堀保夫。
1914(大正3)年に料亭を営む裕福な家庭に生まれます。フランスから雑誌『ヴォーグ』を取り寄せるほどファッションに関心を持ち、当時流行の「モダン・ボーイ」の一人でもあったのです。そして旧制京都市立第二商業学校を卒業後、おしゃれが高じて5年ほど自ら洋服店を経営していました。

ところが弱冠20歳にして、「なんのために生きるのか」という問いに行き当たります。
その悩みの末に飛び込んだ世界が、茶道だったのです。茶の道を選んだのには、祖父が遠州流の茶人だったことも影響していました。
裏千家十四世・淡々斎に師事し、厳しい指導のもと15年後には茶名を与えられます。それが「宗凡」でした。

しかし、形式にとらわれすぎる現代の茶の道は、宗凡にとっては窮屈すぎたのです。
突如、還暦を前にした58歳の時、いったん流派から離れ、下鴨の自宅「玄路庵」で独自の茶事を開拓します。

民族衣装や女装姿で点前を披露し、BGMには流行のポップスやクラシック、果てはフラメンコからハワイアンまで・・・。
そんな革新的すぎる宗凡の茶事をさげすむ茶人も多くあったと聞きますが、それでも「玄路庵」には文化人から学者、近所の友人から興味本位の若者まで、多彩な顔ぶれが集まり、茶道を楽しく嗜んだのです。

独自の茶道を追求したのちも、「裏千家茶道教授」の看板を掲げ、裏千家との関係は続いていました。そして十五世からは「宗風」に名を変える提案をされるも、これをやんわりと固持。
奇抜なファッションはあくまで外見だけのことで、点前そのものは無駄が一切ない流れるように見事なもので、最後まで“平凡”にこだわった人なのでした。

1997年、82歳で亡くなった際の葬儀では、シューベルトのアベマリアに見送られ、旅立ったのだとか。最後まで、“らしい”生き方を貫いた格好いい人なのです。
その頃には、「なんのために生きるのか」の答えは見つかっていたのでしょうか・・・。

堀宗凡_0004



茶人 堀宗凡 その2

2011年06月12日 01:41

堀宗凡には『茶花遊心』(1987年、マフィア・コーポレーション刊)という主著があります。

茶花遊心_0002
〈堀宗凡・著『茶花遊心』(1987年、マフィア・コーポレーション刊)〉

といっても、自費出版本だったのか、今では古本としてもさほど流通しておらず、さらに堀宗凡の著作もこの他には見あたりません・・・。

『茶花遊心』は400ページにおよぶ大著で、和歌と花の写真と随筆が三位一体となった風流な随筆風読み物とでも言いましょうか。ただし、装丁を見てエキセントリックな内容を期待してはいけません。あくまでスタンダードでオーソドックスな随筆です。そして堀宗凡という人物が、やはり数奇人だったということが理解できるものの、おもしろいかといえば・・・残念ながら、ですね。


しかし、この著作によると・・・、

実家は二、三軒の料理屋を営み、幾十人も人を使っていた母親の気苦労は相当だったようで、いつも母親は「煙草屋さんを一人でしたい」とつぶやいていたのだとか。そんな母親を見ていた宗凡もいつしか清貧にあこがれるようになり、幼い頃から花に魅せられていたこともあって「ききょう咲く陽あたりよき土地少しあるならば」と20歳にして“花守”の人生を本当に始めてしまうのです。

時には道を求める情熱ゆえ、仏門に入ろうとしていた時期もあったようですが、母親の反対にあい、断念したのだとか。

そんな生来の生真面目さから・・・、
「茶を清々と生きたい心は弟子取りに夢中になる先生とは肩を並べてはいられない」
「足がとまると風流は止りその人の血、宗が立つ、宗は意地の表現となり道の元祖の一派となる。宗旨といわれている」
「茶道修養も心の水源をたずねる事から始り、同時に花に通じるのであり、根に錬金術を得ることとなる。茶の湯も水からはなれられないし花も最も然りとなる。新鮮な初心の水に身を没入してこそ浮ぶ瀬がある」
(すべて『茶花遊心』より)・・・との心境に至るのも当然のことで、裏千家を離れ、独自の茶道を開拓する思いにいたった気持ちも理解できます。

堀宗凡_0007


庭で丹精込めてつくった花で床を飾って客をもてなし、自由に誰もが楽しめる茶道。それこそが、茶の道を確立した千利休の精神であり、堀宗凡が行き着いたカタチでもあったのです。


若者雑誌『BRUTUS』で、「昔は京都一のモダンボーイ、今は日本一のハイカラ爺さん」と謳われて、うれしがったりもするお茶目な堀宗凡さん。
未確認ながら、どうやらこの人、8ミリ映画にも出演されているようで・・・。
寺嶋真里さんという方の作品『幻花』では、そのものズバリ、女装老人を演じているのだとか。ぜひ、拝見したいものです。





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。