--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五番町夕霧楼 その1

2010年10月03日 22:56

五番町夕霧楼 水上勉 1962年

20101003211608027[1]


金閣寺放火事件が起こったのは、1950年7月2日未明。鹿苑寺の舎利殿である金閣が全焼し、足利義満の木像、阿弥陀如来像、観音菩薩像など計6点の文化財が消失しました。
放火したのは同寺の修行僧で大谷大学学生だった林養賢(法名は承賢)、21歳。左大文字の山中でカルモチンを飲み切腹自殺を試みますが、一命は取りとめ、逮捕されます。


この一大事件を巡ってはいくつかの小説、映画がつくられました。

小説では、三島由紀夫の『金閣寺』(1956年)と、水上勉の『五番町夕霧楼』(1962年)。
そして映画では三島作品をモチーフに、市川崑監督の『炎上』(1958年、大映京都)と、高林陽一監督の『金閣寺』(1976年、ATG)。
水上作品からは、田坂具隆監督の『五番町夕霧楼』(1963年、東映)と、山根成之監督の『五番町夕霧楼』(1980年、松竹)。
さらに水上勉はノンフィクション的小説『金閣炎上』(1979年)も書いています。

20101003211609324[1] 〈三島由紀夫『金閣寺』〉


三島由紀夫の『金閣寺』、水上勉の『五番町夕霧楼』、『金閣炎上』。この3作品は同じ事件に題材を取っていても、主眼は明らかに異なります。

『金閣寺』は、三島特有の冷徹な筆(様式美にこだわった描き方ですね)で、芸術性を指向した作品。
実際の事件を題材に、主人公の足跡も大きく崩さないという約束事は保ちつつも、あとは金閣寺のもつ「美の象徴」と主人公の吃音に代表される「コンプレックス」が事件の遠因だったということにして、三島由紀夫の明晰な頭脳にかかれば一つの芸術が、はいっ出来上がり、という作品です(いや、もちろん凄いのですよっ)。

一方、『五番町夕霧楼』は、放火事件と水上勉の京都時代の実体験とを綯い交ぜながら描かれたフィクションです。
林養賢と同じく学僧経験があり、林が通った遊郭・五番町に同じく通ったことのある水上勉だからこそ書くことの出来た作品だったと言えるでしょう。
あくまで物語の最後は寺の炎上に収斂させますが、題名にあるように田舎から出てきた遊郭での芸妓の生活と淡い恋物語。その恋の相手が、同じ丹後半島出身で幼馴染みの学僧だったというわけです。

2010100321160862c[1] 〈水上勉『金閣炎上』〉

そして、『金閣炎上』は、林養賢と少なからぬ縁のある水上(歳は10ほど離れていますが、故郷は近くの寒村同士で、ともに相国寺派で修行をし、一度きりですが、水上と林はあったこともあります)が、緻密に林の周辺を取材し、放火の動機に迫ろうとした作品です。
林の母親は事件当日、京都府大江山麓から息子への面会に赴くも、林から会うことを拒否され、失意の内に帰途につく列車の中から保津峡に飛び込んで自殺してしまいます。
また懲役7年の刑を言い渡された林は、服役中に結核と統合失調症が進行し、出所を待つことなく病死しました。
『金閣炎上』は、同じ仏門で生き、学び、苦しんだ者としての水上が、林とその母に捧げた鎮魂歌でもあるのです。




スポンサーサイト

炎上 その1

2010年11月01日 00:28

炎上 監督・市川崑 1958年 大映京都

炎上0004


原作はもちろん三島由紀夫の「金閣寺」(1956年刊)。
この映画の企画が大映から市川監督にもたらされた時、監督は一旦断ったそうです。
長編小説、しかも主人公の告白体で、あまりにも観念的で・・・。
小説をそのまま映画化したとしても、小説のもつ世界観は削ぎ落とされてしまうのは目に見えていたのでしょう。
それでも撮ることになったのは、会社側の熱意に根負けしたことと、「自分の手に負えないものを何とか征服してみたいという気持ちがあった」からだとか。

炎上000001

映画化にあたり一番の問題である脚本は和田夏十と長谷部慶次が担当。まあ、市川監督の脚本と言えば妻である和田夏十しかいませんが・・・。
和田夏十も「引き受けない方がいい」と思っていたこの作品を再構築できたのには、三島由紀夫の取材ノートの存在が大きかったようです。大学ノート3冊分の取材ノートと原作から、人間本位のドラマに置き換えることに成功します。

ただ映画化はまだスムーズに進みません。金閣寺から映画化にクレームがついたのです。
舞台や小説ならまだしも、映画では世間の影響が大きすぎる、と。焦った市川監督は老師に題名の変更を提案し、ようやく了解を得ます。
ですから映画の中で、金閣は驟閣、大谷大学は小谷大学(古谷大学?)になってしまっているのです。


市川監督がこの作品でこだわったのは、モノクロとシネマスコープ(横長の画面)。
モノクロにこだわったのは、「火が赤くメラメラ燃えたりすると安っぽくなる。それよりは白黒の格調を狙ったほうがいいだろう」との意図から。
撮影は宮川一夫が担当しました。宮川にとって初のシネマスコープでの撮影でした。

炎上000083

当初は主役を川口浩(探検隊ですね(笑)。当時、川口浩の父親で作家の川口松太郎は大映の専務でもありました)で決めていたものの、大映の永田雅一社長が認めず、溝口健二監督の「新・平家物語」(1955年)で主演をつとめた26歳の市川雷蔵を市川監督がふと思い出し、起用するのです。

炎上000002
〈この5年後、「眠狂四郎」が当たり役になるとは想像できない繊細な演技です〉

この「炎上」が市川雷蔵にとっては、初めての現代劇になります。しかも役柄は学生で、吃音持ちで・・・。周りからは起用に反対する声も少なからずあったとか・・・。
しかし、この作品でキネ旬やブルーリボン賞の主演男優賞を獲り、市川雷蔵はトップスターの地位を名実ともに確立するのですから、市川監督の慧眼には恐れ入りますね。




炎上 その2

2010年11月01日 00:40

昭和19年、溝口吾市(市川雷蔵)は京都の名刹・驟閣寺に徒弟として住み込むようになる。
亡き父・承道(浜村純)と住職・田山道詮老師(二代目中村鴈治郎)が修行仲間という縁からであった。
溝口にとって国宝・驟閣は、この世で最も美しい建物として幼い頃から父に聞かされてきた憧れの存在でもある。
老師から大学に通わせてもらい将来を嘱望される溝口だったが、生まれついての吃音が彼を孤独に、陰気に、さらには卑屈にさせてしまう。
大学での友人といえば、内翻足の障害を持ち、始終足を引きずり歩く戸苅(仲代達矢)。
戸苅は自らの障害を、異性の同情を買う道具に仕立て上げるような、一癖も二癖もある人物だった。
戦争も終わった昭和22年。驟閣寺は観光寺として多くの拝観収入を得るようになり、仏の道に生きるはずの老師も芸妓遊びにうつつを抜かしていた・・・。
驟閣のもつ絶対的な美と、偽りの仏の道を目の当たりにした失望感から、溝口の生活もだんだ荒んでゆき、将来への希望も閉ざされた。
彼は自殺用の小刀とカルモチンを手に入れ、驟閣とともに心中する決意をする。



老師役の二代目中村鴈治郎と、五番町の遊女・まりこ役の中村玉緒は父娘での共演です。
中村鴈治郎はホンモノの坊さんよりも坊さんらしいです。弟子を前にした講話のシーンは聴き入ってしまうくらいの心地よいセリフ回し。

炎上000007

仏道と俗欲との間で揺れる高僧を好演しています。

炎上000073

中村玉緒はこの時、18歳。役者としては不遇の真っ只中だったらしいです。「炎上」ではわずかワンシーンの出演でしたが、小気味よいセリフ出しがうまいです。


姦通する母(北林谷栄)と、その行為を見て見ぬふりをする気弱い父(浜村純)。
田舎でのこの体験が溝口を母から遠ざけ、父を慕う原因となるのです。しかし、田舎の寺が借金の形でなくなってしまい、母は驟閣寺に住み込みで働くことに。聖なる驟閣に汚らわしい母を近寄らせたくないにもかかわらず・・・。そんな子の心も知らぬまま、ただ母は、子のいない老師の跡継ぎとして溝口に驟閣寺の住職になってほしいと期待を寄せているのでした。

炎上000060 〈母親役の北林谷栄〉


戸苅(小説「金閣寺」では柏木)を演じた仲代達矢。危険な香りが漂いまくり。

炎上000010
〈曇天の空模様に、黛敏郎のおどろおどろしい音楽が鳴り響き、足を引きずる戸苅役・仲代達矢の登場シーン〉

傲岸な役に定評のある仲代達矢ですが、この戸苅役もその最たるものの一つでしょう。存在の迫力がありすぎです。登場のシーンはトラウマになりそうデス・・・。こういう演技を怪演というのでしょうね。

炎上000041 〈左は新珠三千代〉


金閣がモデルの驟閣ですが、実物大を大沢池に再現しています。

炎上000063



しかし、これほどの名作でも、おそらくもう地上波でのオンエアは難しそうですね。今の基準じゃ差別用語で引っかかりそうな言葉のオンパレードで・・・。


あえて、市川雷蔵のことは語りません。この人が37歳の若さで亡くならなければ、日本映画はどうなっていたのでしょう・・・。吃音の学生僧で、この端麗さ。かっこよすぎです。




金閣寺

2011年06月12日 01:39

金閣寺 監督・高林陽一 1976年

WS000065_R.jpg


三島由紀夫の『金閣寺』を原作とする映画は、今まで二本制作されています。
1958年の『炎上』(監督・市川崑、主演・市川雷蔵)と、この1976年に公開された『金閣寺』(監督・高林陽一、主演・篠田三郎)です。


市川崑監督の前作は脚本を和田夏十が担当し、大映京都の制作により、見事なまでの名作に仕上がっています。
一方、この『金閣寺』は脚本も高林陽一監督が担当し、製作はたかばやしよういちプロ、映像京都、ATG。出来としては・・・良くも悪くも高林陽一テイストの作品です。

両作品に共通するスタッフには、美術担当の西岡善信氏がいます。
美術監督の西岡氏は大映所属当時、市川監督の作品全てで美術監督を務めたほどの人物。しかし、1971年に大映が倒産すると、翌年には残された社員らとともに制作集団「映像京都」を立ち上げ、社長に就任。2010年に会社が解散するまで、多くの作品に携わりました。

『炎上』制作当時は、1950年の金閣寺放火事件から年月が経っていないこともあって、当初の題名『金閣寺』は当の金閣寺からクレームが出され、NG。金閣を驟閣とするなど、原作と名称を変更せざるを得ませんでした。
西岡氏をはじめとする美術スタッフは金閣寺を再現するにあたり、存在しない研究会を騙り、金閣寺に乗り込んで、伽藍や什器の寸法を測ったり、写真を撮ったりして、ようやく大沢池に原寸大の金閣寺を復元したという苦労話もあったようです。

一方、放火事件から25年経って制作された高林監督の『金閣寺』は題名はそのままに、しかし、さすがに金閣寺でのロケは断られたようです(ただし、大谷大学の尋源館(1913年建造)は劇中に出てきます)。
そして、金閣を作る予算もなかったのか、建物を象徴する屋根上の鳳凰のアップで、金閣全容そのものを表現。まあ、張りぼてのショボイ金閣を見せられるより、思い切って省略したこの表現でよかったのですけれど・・・美の象徴といいつつ、金閣を出さない潔さには脱帽です(笑)。

WS000500_R.jpg

金閣寺でのロケを断られたにもかかわらず、金閣寺に遠慮してでしょうか・・・、老師が祇園の芸妓にうつつを抜かしたり、金に執着する様は一切出てきません。これを省いては放火という行為の動機に説得力を欠くと思うのですが。
そして、溝口の吃音さえも克明に描かれているわけではなく・・・。むしろ溝口を演じる篠田三郎がほとんど吃り(微妙に差別用語かな)の演技もしていません。


重要な場面は端折る代わりに、溝口と鶴川が南禅寺の山門から観ていることを知らず、

WS000140_R.jpg

道を隔てた天授庵の一室で陸軍士官と女が別れの儀式であるかのように、士官の差し出した抹茶茶碗に女が着物の襟元を広げて茶碗に母乳を絞り出し、それを士官が飲み干すシーンは表現していたり、

WS000153_R.jpg

寺に来た米兵と娼婦のカップルが喧嘩をし始め、倒れた女の腹を米兵に促され、溝口が踏みながら興奮する場面は描かれていたり、

WS000238_R_20110522013331.jpg

・・・この取捨選択の妙が高林陽一テイストの特徴なのです。そして溝口の母親役の市原悦子のお色気シーンが執拗にあったり・・・(苦笑)。


あまりに同じ原作を使った市川作品の『炎上』が名作過ぎて、高林作品はどうも失敗作の印象は拭いきれません。
いや、むしろ失敗作というより、それほど三島由紀夫原作の『金閣寺』を映像化することは、難しいということなのでしょう。
市川崑やその妻で脚本家の和田夏十が映画会社からの企画の依頼に最初は躊躇し断ろうとしていた理由が、高林作品を観ることによって、なんだかわかるような気がしました。


WS000481_R.jpg
〈主役・溝口を演じるのは篠田三郎。『ウルトラマンタロウ』は映画『金閣寺』以前の作品だったのですね。それにしても、“篠田三郎”が芸名って〉


WS000285_R.jpg
〈内翻足の障害を持つ大学生・柏木には、横光勝彦(現・横光克彦)。一昔前は『特捜最前線』の紅林刑事、今や衆議院議員のセンセイです。自らの障害を逆手に取り、女性の関心を引く女たらしという癖のある柏木をなかなかに上手く演じています。とはいえ、『炎上』で柏木に相当する役(『炎上』では戸苅)を恐ろしいまでに怪演している仲代達矢と比べるのは酷というもの〉


WS000096_R.jpg
〈人の好い溝口の徒弟仲間・鶴川を演じるのは、柴俊夫。原作では鶴川は自殺し、しかも自らの悩みを溝口には打ち明けないで、柏木にだけ打ちあけていたということが、溝口に衝撃を与えるのですが、映画では単なる事故死として扱われ、劇中での鶴川の存在意味も半減していました〉


WS000112_R.jpg
〈溝口のトラウマ的存在・有為子には、島村佳江。郷里時代、有為子に恋をした溝口は彼女に告白しますが、吃って言葉が出ません。そして彼女に「吃りのくせに」と蔑まれたことが、コンプレックスを決定づける出来事となります。彼女の死を願う溝口の思いが通じてか、劇中では逃走兵となった恋人をかくまいながらも、憲兵の尋問に恋人を裏切り、その裏切った報いとして恋人に射殺されます。しかし溝口の前には死んだ後も幻影となってたびたび現れるという設定。ただし、この有為子の存在も映画の中では中途半端な扱いなのは否めません〉



わが解体

2011年10月11日 00:48

わが解体 著者・高橋和巳 1971年

高橋和巳『わが解体』


小説家にして中国文学者だった高橋和巳は、1971年に39歳の若さで腸ガンを患い亡くなります。

学生時代から同人誌に作品を発表し創作の道を歩んでいた彼は、のちに河出書房新社から出版されることとなる『捨子物語』を1958年に私家版として出版。
しかし小説家としての本格的なデビューは、1961年に創設されたばかりの第一回文藝賞に、大学教授のスキャンダルを題材とした『悲の器』が当選してからのこと。
その後も、新興宗教を扱った『邪宗門』(1966年)、さらに『憂鬱なる党派』(1965年)と話題作を次々と発表し、その作風から「苦悩教の教祖」とも呼ばれました。

そして創作と並行して、1959年には立命館大学の講師となり、1966年には明治大学文学部助教授、さらに翌年には自らの母校・京都大学文学部の助教授に就任。

この寡黙で、「陰々滅々」と自称するほどの陰気な若き新進学者は、吉川幸次郎をはじめ、奈良本辰也、白川静、梅原猛ら、そうそうたる学者にかわいがられ、また一方で、思想哲学の違いを越え、埴谷雄高、三島由紀夫らとの交流でも有名です。

高橋和巳 〈高橋和巳〉


この『わが解体』は全共闘運動で荒れる京都大学の助教授という学生と対立する立場にありながら、学生に理解を持ち、自らの属する教授会との狭間で揺れる一青年学者の、心身をすり減らすまでの苦悩に満ちた葛藤を描いたノンフィクションなのです。

新聞やテレビが連日伝える全国の大学における紛争なるものは、単に視覚的に部外者にも見える事態の突起にすぎない。むろん東大の安田講堂や京大の時計台の占拠とその排除の攻防にも、象徴的政治行為を志向する学生政治団体の、それに賭けた情念の表現はあり、それもむろん重大な大学闘争の一環ではある。しかし学生相互の議論のなかで、政治的には一つのスローガンにすぎない「大学解体」や「自己否定からの出発」をまともに身に受けとめて、自己の矛盾を追究するうちに嗚咽してしまう学生の涙や、不意に人知れず自殺してゆく学生の死や、内ゲバによって負傷してのち病床で声低く文学について語る学生の声などが、それら華々しく報道される〈大事件〉より価値低いものとは断じていえない。
(『わが解体』本文より)


1969年初頭には京都大学にも学園紛争の火種が飛び火。
「わが解体」は『文藝』(河出書房新社)の1969年6・7・8・10月号に連載され、まさに全共闘運動を肌で感じ取ったままを文章化した、当時を知る貴重な記録となっています。

ちなみに、『わが解体』が単行本として出版されたのが1971年3月。一年あまりの長い入退院を繰り返した末、高橋和巳が亡くなったのは、出版から二ヶ月後のこと。
その頃には学生運動は下火となり、学生たちの狂騒はすでに内ゲバの時代に投入していましたが、この本は全共闘世代の若者を中心に爆発的に売れ、高橋の死と相まって彼の他の著作とともに一大ブームとなりました。

奇しくも三島由紀夫の絶筆『天人五衰』が新潮社から刊行され、“豊饒の海”全四部作が黒い箱入りの装幀で出揃ったのが1971年2月。
そして、高野悦子さんの『二十歳の原点』が新潮社より出版されたのが1971年5月。


一つの時代の終焉を“見事に”象徴する出版界の出来事でした。





Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。