ヒポクラテスたち その1

2010年08月23日 16:41

ヒポクラテスたち 監督・大森一樹 1980年 ATG

ヒポクラテスたち DVD
 
青春って、いつの時代も騒々しいものなんです。
騒げば将来に対する不安を振り払えるとでも思っているのでしょうか(笑)。

それにしても、この映画は素晴らしい青春群像劇です。
1980年度キネマ旬報ベストテン日本映画部門第3位(1位は『ツィゴイネルワイゼン』で・・・9位には『狂い咲きサンダーロード』が入っていますネ)。

さて、『ヒポクラテスたち』の主人公は古尾谷雅人演じる洛北医科大学6回生の荻野愛作。
彼を取り巻く臨床実習仲間や、寮仲間との日常を描いた作品です。

医大の最終学年はポリクリと呼ばれる臨床実習にあてられ、
6、7名に分けられた学生グループが、内科や外科やさらには眼科まで、17くらいの科を一週間毎のローテーションでまわり、
自分が専門的にどの科に進むのかを決めるのです。
描かれているのは、生と死の狭間で、少なからずの死に直面し、苦悩と不安に揺れる医者の卵の姿。

ヒポクラテスたちWS000034_convert_20100823191049〈三条京阪の歩道橋〉

時代は1970年代の後半あたり。舞台は京都。
まだ学生運動の残り火もくすぶり、寮の中では右の思想から、左の思想まで、そして学生運動をドロップした者もいて、
内ゲバならぬ“プチゲバ”(ちょっとした喧嘩のことね・・・)があったり。
医療現場の現実と社会の矛盾、そして自分の理想とのギャップに戸惑い、頼りないながらも真摯に生きている学生の姿はリアルで切実です。
といっても、全編を通して“軽み”をもって描かれ、その軽快なタッチがさらに青春度を増しているのですが。

今見ると、通りを走るバスや車のかたちも古めかしく、
三条京阪には歩道橋があったり(もちろん、京阪電車はまだ地上を走っていて、三条から出町柳の間は路線すらもありません)、
そう、バブルの狂騒もまだ来ていなかった京都の懐かしい風景が、ことさら郷愁を誘うのです。

ヒポクラテスたちWS000052_convert_20100823191203
〈荒神橋のたもとの喫茶店「リバーバンク」〉

よくもまあ、これだけの登場人物がいて、話が破綻もせず、
なによりすべての人物が印象に残る作品も珍しい。
京都府立医大出身の監督が、しかもその大学をモデルにして制作しただけに(登場人物にまでモデルがいたのかどうかは知りませんが)、映画作りへの思いもひとしおだったのでしょう。
そして、今はもう引退してしまったであろう学生役の俳優たちも、画面の中でみんなキラキラしているのが、さらに切なさを募らせます。

はたして今の医学生は、こんな映画があったことを知っているんでしょうか。



スポンサーサイト



ヒポクラテスたち その2

2010年08月24日 00:25

ヒポクラテスたちWS000002_convert_20100823224535

舞台は洛北医科大学(モデルは大森監督が通っていた京都府立医科大学)。

ヒポクラテスたちWS000051_convert_20100823225816                   

ヒポクラテスたちWS000016_convert_20100823224919

荒神橋のたもとにある喫茶店「リバーバンク」にて。
ポリクリグループの紅一点・伊藤蘭演じる木村みどり。もちろん一服のたばこは「蘭」。

この映画は、古尾谷雅人の一般作品デビュー作で、斉藤洋介と内藤剛志のデビュー作、
そしてキャンディーズを引退した伊藤蘭の復帰作として有名ですが、
映画に出そうもない大物が端役で顔を出していることにも驚きです。
新人だった大森監督になぜこれほどの人脈があったのでしょうか?

ヒポクラテスたちWS000012_convert_20100823224647

小児科役でベレー帽を脱いだ手塚治虫。
監督から指摘されるまで、ベレー帽をかぶったまま、出演しようとしていたのだとか(笑)。
後年、ベレー帽をとって人前に出たのはこの時が唯一だったようで。
                                      
ヒポクラテスたちWS000013_convert_20100823224750 

病院専門のコソ泥役で鈴木清順。
この年のキネ旬日本映画部門第1位は、この方が監督の『ツィゴイネルワイゼン』でした。

ヒポクラテスたちWS000036_convert_20100823232940

自切俳人(ジキルハイド)名義で出演の北山修。フォークルから九州大学教授に転身した凄い人です。この頃は大学教授になる前の、精神科医として開業していた頃でしょうか。
役の上では、北山修がポリクリ学生に向かって、ビートルズの医学に対する功績を説いていました。
イギリスのEMIがCTスキャンを開発し、EMI中央研究所の主任だったハウンズフィールドが、ノーベル賞をもらったと。そして、ビートルズの大ヒットがなければ、この機械はなかったかもしれない・・・どうやら、本当の話です。
しかし、北山センセイが定年退官でザ・フォーク・クルセダーズ復活かと思いきや、加藤和彦が自殺するなんて。もう復活はないんですねえ・・・(ちなみにメンバーは、坂崎幸之助ではなく、はしだのりひこしか認めない派です)。

ほかにも、教授役で原田芳雄や、写真屋のちょい役で森本レオ(大森監督の前作にして商業デビュー作『オレンジロード急行』に主演していました)なども出ています。

ヒポクラテスたちWS000005_convert_20100823224451

しかしなんといっても注目は、『仮面の忍者赤影』の青影役でおなじみ、金子吉延さんが寮生として出演しているところでしょうか。
たぶんこの作品が俳優としての最後の作品だったのではないでしょうか? 

ヒポクラテスたちWS000046_convert_20100823225427

鴨川寮のモデルは今も健在の「YMCA橘井寮」。

ヒポクラテスたちWS000015_convert_20100823224833

主人公・荻野愛作の恋人・中原順子。
大学の図書館に勤めていたが、堕胎手術をした産婦人科が闇医者で、体調を崩し失意の内に故郷・舞鶴に帰るという悲しい役どころです。
ちなみに中原順子役は真喜志きさ子。
美しい方ですが、この人もはやくに引退してしまったようです。


おまけ。
早朝から、映画フリーク高木の騒音で起こされた本田さん(斉藤洋介)の名言。
本田「今日は早起きでちょうどよかったんや」
荻野「なんですか、こんな朝早くから」
本田「デモバイト」

ヒポクラテスたちWS000021_convert_20100823225201

ヒポクラテスたちWS000023_convert_20100823225244

葵祭をいにしえの衣装で颯爽と歩く本田さんです。


そして、この映画は音楽もすこぶるいい!
「ダウンタウンブキウギバンド」の千野秀一が担当していますが、
どうしてATG作品の音楽って、こうも印象深いものが多いのでしょう?
『Keiko』(監督・クロード・ガ二オン、1979年)の深町純のシンセサイザーしかり、
『ガキ帝国』(監督・井筒和幸、1981年)の山本公成のサックスしかり。

最後に・・・、残念ながら大森一樹作品でほかに見るべきものは、
デビュー作『オレンジロード急行』(1978年)と『風の歌を聴け』(1981年)くらいなものでしょうか・・・。
(蛇足ですが、『風の歌を聴け』の配役で主人公が小林薫なのはやっぱり違和感が(笑)。比して、鼠役の巻上公一はいい!)

井筒和幸監督が『ガキ帝国』(1981年)から四半世紀経って『パッチギ!』(2005年)という名作を生み出したように、
大森一樹ももう一度、復活してほしい監督なんですけどね。



Keiko

2010年10月06日 23:47

Keiko 監督・クロード・ガニオン 1979年 ATG

keiko DVD


深町純の音楽が素晴らしすぎる!

撮影当時、監督のクロード・ガニオンはカナダ出身で日本在住8年の29歳。
それまで日本の伝統を16mmで撮り続けていた彼が、日本滞在の集大成として制作したのが、この『Keiko』でした。

Keiko000002.jpg


大学を出たばかりで、京都にひとりで暮らす若い女性の初体験から結婚までの日常を描き、女性の自由と幸せとは何かを追求した作品・・・とでもいいましょうか。
しかし、そんな主題を抜きに、この映画の魅力は、深町純の音楽と、人の生活をのぞき見るような生々しいリアルさにあります。

パターン化した演技を避けるため、出演者に即興のセリフを認め、同時録音を用い、開放的な性描写もいとわないドキュメンタリータッチの作品となっています。
上映時にはその斬新さから、かなりの絶賛を浴びたようです。
作品は1979年度のキネマ旬報ベストテン日本映画第3位となり、監督自身も外国人としては初の日本映画監督協会新人賞を受賞しています。



23歳のケイコ(若芝順子)は大学を出て小さな会社で働いている。ひとり暮らしで自由気ままな生活だが、恋人もおらず、会社と部屋とを往復する退屈な日々を送っていた。

Keiko000005.jpg

平凡な日常への焦りからか、バージンだったケイコは、久しぶりに会った高校時代の恩師を相手に初体験を済ませる。
ある日、喫茶店でひとり夕食をとっていた時、偶然居合わせた客である勝(池内琢麿)に一目惚れをする。
カメラマンである勝に夢中になるケイコだったが、彼は仕事の忙しさと同居する母の世話を理由に、ケイコを抱くといつも早々に帰ってしまう。
勝は妻子ある男だったのだ。

Keiko000018.jpg

会社の同僚・寺山(橋本敏夫)と奈良にデートに行くも、寺山にはケイコの寂しさを埋めることは出来ない。そして実家からは見合いの催促が・・・。
失恋の痛手も癒えぬまま、ケイコは一軒家の離れを借り、会社の先輩・カズヨ(きたむらあきこ)との共同生活を始めた。

Keiko000039.jpg

女ふたりの生活は、ケイコにそれまでにない精神的な充実を感じさせるものであった。
しかし、そんな彼女の元に、またしても実家からの縁談話が舞い込み、仕方なくお見合いをするのだが・・・。

Keiko000052.jpg



主役であるケイコ役の若芝順子はお世辞にも美人とは言えず、当時は京都大学在学中の学生だったとか。
演技も素人丸出しですが、どうやら全くの素人ではなく、多少なりとも演技経験はあったようです。
決して美人とは言えず、演技も上手くないこの人の主役起用が、『Keiko』の映像手法には上手くはまってしまったのです。


Keiko000056.jpg
〈監督のクロード・ガニオンと音楽担当の深町純〉

クロード・ガニオン監督はカナダに帰国後も映画監督として活躍しますが、生後まもなく下半身を切断した少年ケニーがたくましく生きる物語『ケニー』(1987)は、モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞するなど話題となりました。
ちなみに、池内琢麿はこのあと、『ヒポクラテスたち』(1980)で真喜志きさ子演じる中原順子の兄を演じています。
またカズヨ役の、きたむらあきこは現在シス・カンパニー代表で“演劇界の名プロデューサー”北村明子でもあります。この作品観を壊すことなく自然に演じきっている姿は、さすがです。極端なショートカットはケイコの相手役を意識してのことだったのでしょうか(笑)。



三条大橋 その1

2010年12月23日 00:49

三条大橋


鴨川に架かる橋の中でも、橋そのものにもっとも風情をもつのは三条大橋です(今回も独断です)。

歌川広重 「東海道五十三次」
〈歌川広重「東海道五十三次 三条大橋」〉

東海道五十三次の西の起点として栄えたこの橋も、いつ頃からこの場所に架かっているのかは定かではありません。室町時代前期には、簡素な橋が架けられていたとも伝わっています。


都名所図会 三条大橋
三条橋は東国より平安城に至る喉口なり、貴賎の行人常に多くして、皇州の繁花は此橋上に見えたり、欄干には紫銅の擬宝珠十八本ありて、悉銘を刻。其銘に曰、洛陽三条之橋、至後代化度往還人、磐石之礎入地、五尋切石之柱六十三本、蓋於日域石柱濫觴乎、天正十八年庚寅正月日、豊臣初之御代奉増田右衛門尉長盛造之。
『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)


本格的な橋となったのは天正18(1590)年、豊臣秀吉の命により、大名の増田長盛が石柱の橋脚へと大改修を行ってからです。ちなみに増田長盛は、五条大橋の改修も行っています。

その後、鴨川の氾濫でたびたび橋は流失しますが、幕府の管理する“公儀橋”としてすぐに修復されます。都において交通の最重要拠点であったことがうかがえますね。

近年では、昭和10(1935)年6月29日の鴨川大洪水で他の橋とともに、三条大橋も倒壊流失の憂き目に遭っています。

元禄以来、幾たびかの改修を経て、昭和25(1950)年に現在の姿となりました。

三条大橋00956

この橋を印象づける“擬宝珠”には、昭和の改修時に取り付けられたもののほかに、天正時代のものが残されていて、日本でも有数に古い擬宝珠でもあるのです。

三条大橋00973


さて、三条大橋の東、川端通と三条通が交わる交差点を「三条京阪」と呼びますが、平成元(1989)年に京阪鴨東線(三条~出町柳間)が開通するまでは、大阪と京都を結ぶ京阪本線の発着駅でした。さらに、大津方面へは、ここ三条京阪が起点となって京津線と繋がり、バスターミナルとともに20年前までは重要な交通網の要所でした(今では京津線も京都市営地下鉄東西線と相互乗り入れをし、完全なる途中下車の駅となってしまいました・・・)。

まだ交通の要所として機能していた頃にあったのが、三条京阪の歩道橋です。この歩道橋に懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか。

「ヒポクラテスたち」000028
〈大森一樹監督『ヒポクラテスたち』(1980年)より〉

映画『ヒポクラテスたち』では、内藤剛志の演じる左翼学生・南田たちが、森永ヒ素ミルク事件に抗議してビラを配る場面として登場します。

「ヒポクラテスたち」000034

そして、古尾谷雅人の演じる荻野愛作が、ビラを配るかつての同志を見つめる場面・・・の後ろには“土下座”する銅像の姿が(笑)。

まだ携帯電話もなかった頃、発着駅となっていた三条京阪で、学生たちが決まって待ち合わせ場所としていたのが、この通称「三条京阪の土下座像」なのです。

少し詳しい人なら、この銅像が「高山彦九郎」なる人物で、林子平、蒲生君平とともに「寛政の三奇人」と称されていることをご存じでしょう。しかし、何をした人物か、まで知っている人は少ないのではないでしょうか。




オレンジロード急行 その1

2011年05月21日 01:54

オレンジロード急行 監督・大森一樹 1978年

オレンジロード急行p


初期の大森一樹はやっぱり、いい! と思える一作です。
特にこの『オレンジロード急行』を観ていると、映画で生計を立てていこうといった気負いも感じられず(もちろん、あったのでしょうが)、まさか後年、商業映画監督の代表みたいになって大学で教えているなんて想像もできず・・・単なる映画好きの青年が楽しんで撮っている作品との“初々しく輝かしい”印象しかありません。
まあ、しかし、初期作品といっても『オレンジロード急行』(1978年)、『ヒポクラテスたち』(1980年)、おまけして『風の歌を聴け』(1981年)までですがネ・・・。


1977年に脚本『オレンジロード急行』で第3回城戸賞を受賞したことがきっかけで、それまで自主映画一辺倒だった京都府立医科大学の学生・大森青年に商業映画を撮影する道が開けます。
ちなみに、城戸賞とは現在も続いている脚本の賞で松竹の元会長・城戸四郎から名付けられました。「これからの日本映画の振興には、脚本の受けもつ責任が極めて大きい」との城戸の持論に基づき、新しい人材を発掘し、活動を奨励することを目的として1974年から始まった賞で、人気脚本家だった野沢尚は第9回の城戸賞に佳作入選したこととがきっかけで、プロの道に進んでいます。

『オレンジロード急行』に出てくる若者や、『ヒポクラテスたち』の学生たちをみていると、1952年生まれの大森一樹は“学生運動の時代”にどうも乗り切れなかった(少し距離を置いていた)人との印象。その、どこか時代を冷めた目(一歩引いた目)で見ている(見られる)距離感が、これらの名作を生み出しえたのでしょう。

WS000351_R.jpg

この映画に登場するのは、放送機材を積んだトレーラーで京都中を駆けまわり、海賊放送を流しながら警察から逃げることを“楽しんでいる”五人の青年。
そしてもう一組は、東京から自動車泥棒を繰り返しドライブを“楽しみながら”和歌山へと向かう老カップル。嵐寛寿郎と岡田嘉子扮するこの老人カップルが、泥棒した自動車の後部座席に子どもが乗っていたことから、大騒動の誘拐事件へと発展し、海賊放送の青年たちを巻き込んだロードムービーに仕上がっているです。

WS000377_R_20110521011643.jpg

青年も老人も、その時を“楽しみ”ながらも、いつか終わりが来ること、終わらせなければならないことをわかっていて・・・、そのことに気づきながらも止めることのできない人生のように、警察に追われながら終着地点である「オレンジの国」和歌山へと向かって物語は進むのです。

WS000519_R.jpg

ロードムービーの様相を呈しているとはいえ、この映画が語っているのは“戦前戦中を生き抜いてきた老人の力強くしたたかな行動力”と“モラトリアムから脱却できない青年の甘え”。青年たちの行き場を失った“甘ったれた遊び”と老人の“遠く失われてしまった思い出”が最後の場面のミカンの枝で繋がったとき、熟しきっていないミカンのように甘酸っぱい爽快感がカタルシスとなって感じられれば、この『オレンジロード急行』はその人にとって名作になるでしょうし、感じられなければフツーの青臭い映画で終わるのでしょうし・・・。

WS000122_R_20110521011644.jpg

しかし、どちらの世代にも共通しているのは“郷愁”なのでした。遠い郷愁にかき立てられ大胆に自動車泥棒を繰り返す老人と、近い郷愁から抜けきれずにずるずると海賊放送を続ける青年。


WS000747_R.jpg

この作品はDVD化もされていないことから、あまり紹介されることのない作品ですが、いい映画(のはず)ですので、またまた長~いあらすじを交えて、才能豊かだった頃の大森監督を偲んでみましょう。





Twitterボタン